2002年10月22日

孤立無援

「活性化のためには地域住民の力が必要なんです」。内部職員と住民が力をあわせることで変化が生まれる。公立病院の若き医師は熱く語った。その情熱にうたれ、私はホームページを作った。赤字経営の病院にはホームページを使うのが最適だと思った。少額の費用でさまざまな試みができる。病院の地図、外来担当表などの基本情報の提供はもとより、日々の健康に役立つコラムや医療相談など独自サービスにも広げられる。

前回ここで取り上げたその公立病院はネット医療相談を廃止するだけでなく、唐突にホームページの全面休止を決めた。「諸般の事情により」「あり方を再考すべく」と病院側から示された理由はいかにも事務的で歯切れが悪く、いまだに真意はわからない。理由はともあれ、縮小、民間委託などがうわさされるなか、情報提供と住民サービスの柱であったホームページをも捨てて、病院は再建に向けてどのような切り札を用意しているのだろうか。

この二年間、私はホームページをもりたてることに懸命だった。院内の会議に出席し、医師の講演会を聴きに出かけ、毎月新しい情報を更新した。変化を求めていたのだ。住民サービスに力を注ぐその姿勢はいずれ病院に明るい将来をもたらし、病院が活性化することで地域住民は恩恵を受ける。充実した医療を手にするだけでなく、山の中の小さな病院の発展は地域そのものを元気にする。それは住民のひとりである私にも返ってくる。幸せの輪は、すべてがつながって作られる。

しかし、私の二年間は徒労に終わった。だれの心も動かせなかった。データは削除され、すべてが消えた。何よりも内部職員にその必要性を理解してもらえなかったのは無念としか言いようがない。私ひとりではなすすべがない。変化は、「内部職員と住民が力をあわせる」ことから始まるのだから。


(東京新聞埼玉版・10月22日掲載)

by ichiko : カテゴリー:新聞掲載コラム

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.