カテゴリー:エッセイマガジン

永らくのご愛顧に感謝 (2006年1月29日)

 ●最終回です  2000年から始めたエッセイマガジンは、今号で最終回といたします。  最近ブログで書いたもののなかから...

プライベートビーチが消えても (2005年8月 1日)

河原のほうからおいしそうな匂いが漂ってくる。栗林を抜けた向こう、川沿いに建つバーベキューハウスは連日、大にぎわいである。...

節分のねがい (2005年2月 4日)

街への通り道にある不動尊で、「福豆進呈」という旗が揺れていた。豆まきなんてしないけれど、御利益がありそうな気がして車を止...

行天宮で置き去り(2):台湾の旅 (2005年1月21日)

(1)からのつづき 通りを見渡してみても、見知った顔はひとつとしてない。ガイドと他のメンバーはまるで消えてしまったかのよ...

行天宮で置き去り(1):台湾の旅 (2005年1月13日)

去年、夫は仕事で何度か台湾に行った。いろんな国に行く人ではあるけれど、「ここはきっとキミも気にいるだろう。今度いっしょに...

秋の白い一日 (2004年11月24日)

今朝、新聞を取りに外に出たら雪虫が飛んでいた。ちっちゃなお尻に白い綿をつけた虫が、いそぐふうでもなく、なんのあてもなさそ...

おそるべしピンポイント療法のヨモギ蒸し :ソウル編その2 (2004年4月10日)

腹くだりとイカサマ暴走運転手の件から立ち直った4人は、翌朝、元気よくそれぞれの目的の場所に向かった。男たちは競馬&カジノ...

我に鋼鉄でできた胃腸をあたえたまえ :ソウル編その1 (2004年4月 8日)

異国の街で腹がくだったときほど切ないものはない。 記号のような見慣れぬ文字のネオンがあふれる街では、日本語はおろか英語さ...

絶対的な数値について (2004年3月19日)

とうとう優勝した。ゴルフを始めるきっかけのひとつにもなった、自治会のおじさまたちが集うゴルフ同好会のコンペで、一位になっ...

ザトウクジラに会いに沖縄へ (2004年2月17日)

沖縄料理のみならず、コラーゲンたっぷりの鶏鍋、タイカレー、加賀料理とおいしいものでわたしの舌を目覚めさせてくれた、いわば...

27年後に救われて (2003年11月27日)

夕暮れどきの高層ビルの1階ロビーは壁のランプが灯るたびにすっと開かれたエレベーターの扉から降りてきた会社員やOLであふれ...

酒蔵で過ごす一日 (2003年11月26日)

とうとうここまで来てしまった。早朝6時10分前。朝とはいっても空はまだ暗い。あまりの寒さに足踏みをしながら出迎えの人を待...

スポーツのチカラ (2003年10月10日)

6月からゴルフを始めた。わたしを知る人は、「え?突然どうしたのよ、スポーツは苦手じゃないの、だいたいイノウエにゴルフって...

羅臼マッカウス洞窟のひかりごけ (2003年8月21日)

羅臼(らうす)という町を訪れたのは初めてだった。北海道で生まれ育ったといっても、札幌で暮らしていたわたしにとってそこは最...

海を渡る風と十九の春 (2003年5月28日)

島へ行った。コバルトブルーの海とマングローブの森とやさしい音色の唄が待つ島へ。 那覇空港から飛行機を乗り換え1時間。石垣...

ひとくちコラム (2003年4月 7日)

●新刊本のご案内 3月26日に、技術評論社より『ホームページをお手軽に作って10倍楽しむ本』が発売されました。 初心者を...

あの日、浜辺に立っていた母 (2002年12月27日)

気ぜわしい日々を送っていると、過ぎていったものたちを振り返る余裕もない。日常の雑多なことがらや仕事に追われてあれやこれや...

シャクタクと風門小町 (2002年11月28日)

降り止まない雨はない、どんなにひどいどしゃ降りでもいつか必ず晴れる、というけれど、同じように、止まらない鼻水もないのであ...

孤立無援 (2002年10月22日)

「活性化のためには地域住民の力が必要なんです」。内部職員と住民が力をあわせることで変化が生まれる。公立病院の若き医師は熱...

侵入者、そして協力者 (2002年9月25日)

9月17日。わたしはテレビの前から離れることができなかった。北朝鮮に向けて、日の丸をつけた政府専用機が飛び立つ。ずっと胸...

ひとくちコラム (2002年9月12日)

●みなさん、拾いに来るなら今が旬 うんざりするような暑さが過ぎたと思ったら、すでに栗の季節。我が家の前の広大な栗林は実り...

フリーデザイナーの夏がゆく (2002年8月27日)

8月に入ると、いろんなところから「夏期休業のお知らせ」メールが届く。「弊社では○月○日から○日まで夏休みとさせていただき...

ひとくちコラム (2002年7月24日)

●京都のコンペイトウ 知り合いになったライターさんから「著作を交換しませんか」というメールが届いた。わたしは彼の本をアマ...

最後にのこされた『欲』 (2002年7月13日)

友だちがうちに泊まりがけで遊びに来たいという。ひとりは目黒から、ひとりははるばる広島から、普段は腰の重い女二人がわざわざ...

ひとくちコラム (2002年6月 2日)

●注意書き 今日、コンビニに行くと、入り口の扉に貼り紙があった。「警察署の警告により、週末の夜は駐車場を一部閉鎖すること...

ひとくちコラム (2002年4月17日)

●ひとまわり以上年下 プロ野球選手が年下になってしまっていたときに、しみじみと「ああ、わたしはもうけっこうなオバサンなん...

忙しさのなかでの美学 (2002年3月28日)

仕事で忙しがるのはみっともないことだと思っている。たとえどんなに忙しい状況にあっても、人の前では涼しい顔をしていたい。 ...

それはわたしのデザインだもん (2002年3月 6日)

代理店の担当者から電話がきた。 「トップページで使っているイメージ画像の元データを送ってください」。 元データ。つまりレ...

埼玉について考える (2002年2月15日)

13字×60行の世界 ある人の紹介で、東京新聞にコラムを書くことになった。埼玉地域ページの『言わせてもらいます』というコ...

国益ってなんなのよ (2002年1月30日)

息をつめてテレビの画面を見つめていた。深夜に飛び込んできた中継放送で、小泉首相はゆっくりとかみしめるようにいった。「田中...

最近のイノウエ (2001年10月19日)

「イノウエのメルマガって月刊だから、読むほうも気楽でいいよ」といわれて、ちょっと複雑な気持ちになる。いちおう隔週刊なんで...

安らぎの地を夢見てさまよう人々 (2001年9月19日)

その夜はめずらしくテレビをつけていた。10時のニュースが始まるやいなや、画面はCNNからの中継画像に切り替えられた。真っ...

若き日の自分に涙する (2001年8月28日)

映画を見終わったあとでよく思うのは、いい映画に巡り会える確率はだいたい10本に1本ぐらいだなということである。1割という...

走れトロイカ (2001年8月 8日)

世のなかにはいろいろな不幸があるのだろうけれど、「北海道に生まれながら、新鮮な海の幸をなにひとつ食べられない」というのは...

7月を待っていた (2001年7月 5日)

物語は、白太太という占いばあさんのお告げから始まる。中国清朝末期。貧しい農村の寒々とした部屋で、白太太は遠い未来を予言す...

約束 (2001年6月21日)

約束 携帯電話を持つようになってから、待ちぼうけを食わされることが多くなったように思う。 喫茶店で携帯電話が鳴る。「あ、...

輝ける顔、顔、顔 (2001年6月 1日)

4月から、うちの市でも「IT講習会」が始まった。森前首相の置きみやげ、「国家をあげてのIT革命」の一環である。 「世界規...

ライフディスタンス (2001年5月18日)

ちょっと気になる男性がいる。年齢は30歳ぐらい。仕事で会うときの顔は、社会の第一線で働くエリート社員そのもの。スキがない...

流れは清き豊平の (2001年5月 2日)

5月のなかば、ちょうどゴールデンウィークがあけたころ、決まって同じ夢を見た。年に一度しか見ない。夢の相手は何も話しかけて...

女を狂わせる過剰な母性 (2001年4月25日)

電話が鳴る。ナンバーディスプレイをのぞきこみ、「ああ、母だ」と思う。大きく深呼吸してから、おもむろに受話器を取る。 「お...

ラブリー&ファニー (2001年4月 6日)

松岡修造が『食いしん坊万才!』に出ていた。いつから食べ歩きの案内役になったんだろう。わたしが知っているのは、ちょっと小太...

殺されるのはわたしだったかもしれない (2001年3月30日)

頭のてっぺんが痛くなったのは、ちょうど去年のいまごろだったと思う。皮膚がすこし盛り上がり、痛いというよりはかゆいような感...

Webデザイナーの憂鬱 (2001年3月22日)

わたしの名刺の肩書きは、上から「Web Design」「DTP」と並んでいる。おととしまでは、「DTP」のほうが上にあっ...

ひとくちコラム (2001年3月 7日)

エッセイはお休み 今回はエッセイはお休みです。そのかわり、ひとくちコラムを書きます。そちらでお楽しみいただければと思いま...

バナナ・イン・パンツ (2001年2月23日)

ふっと照明が暗くなる。何の前ぶれもなく、いきなり、唐突に、ろうそくが消え入るようにあたりはすーっとほの暗くなる。会話はぷ...

全人類のおよそ半数が経験する (2001年2月 9日)

ここんとこ、どうもわたしの身体はヘンである。風邪や頭痛、肩こりといったたぐいのものは昔からのおつきあいなので、まぁ仕方な...

シンプルな衝動 (2001年2月 1日)

「ふぬけをジャマするようで申し訳ないですけど、あの事件、イノウエなら絶対なにかひとことあると思って」 と、ある知人から電...

そして、イノウエはふぬけになった (2001年1月25日)

ふぬけになった。新しい世紀に入って、世間は前へ前へと向かっているときに、こんなしみったれた話は情けないけれど、わたしはふ...

遠いところからのメッセージ (2001年1月12日)

21世紀の幕開けは、北海道の実家で迎えた。元旦の朝、なつかしい部屋で目を覚ますと外は雪だった。凍てついた氷だらけの窓を開...

わたしがロードスターを降りたわけ (2000年12月21日)

あれほど気に入っていた車、ロードスターを降りたのは、いつかきっと死ぬと思ったからである。このままいけば、そう遠くはない将...

おいしい掘り出しもの (2000年12月 7日)

おととい、仕事部屋の模様替えをした。といっても、本棚の位置を変え、あいた場所に新しく買った本棚を置いただけなので、たいし...

山賊のうたげ (2000年11月30日)

待ち合わせ場所は、11年前から変わらない。集まる曜日や時間も同じ。「なんでこうも変わらずにいられるのだろう」とぶつくさい...

カワイソウな猫 (2000年11月14日)

「かわいそう」という名の猫がいる。栗林の奥の家で生まれたその白黒ぶち猫は、ちょうど1歳になる。飼い主はすでに「あるじ」と...

ふたたび粉瘤 (2000年11月12日)

秋になり、家の前は黄金色に染まった。一面に広がる栗林の木々が、いっせいに黄葉し始めたのである。 ひらりひらりと黄金の空か...

竜宮城の鯛 (2000年11月 7日)

自分の凡庸さを嘆くとき、決まってつぶやくひとことがある。 「まぁ所詮、竜宮城の鯛なんだしさ」 鎮静剤を飲んだみたいに心を...

康夫ちゃんの今後に期待 (2000年10月31日)

わたしの世代にとって、田中康夫といえば一も二もなく、『なんとなく、クリスタル』だ。はっきり思い出せないが、ユ80年代の初...

初めての反乱 (2000年10月26日)

小学校低学年のころ、毎朝「今日の持ち物検査」というのがあった。日直の子が前に出て、「算数の本を出してください」とか「メロ...

地域のディレクトリ構造を再認識する一日 (2000年10月18日)

ああ、どうしよう、また忘れていた。今年こそはきちんと用意しておこうと思ってたのに、当日の朝になってあわてている。 サファ...

誰のために走り、なぜ闘うのか (2000年10月11日)

誰のために走り、なぜ闘うのか こんなにたくさん、真剣に、五輪を見たのは初めてだったかもしれない。バルセロナやアトランタと...

祈りの眠り (2000年10月 2日)

わたしはとにかくよく眠る。 といっても、昼近くまで寝ているというのではなく、朝は7時とか8時というようなまっとうな時間に...

いつかまた逢いましょう (2000年9月20日)

欲しくて欲しくて探し歩いているときには、見つけられない。なのに、探すのもあきらめて、探していたことさえ忘れてぼおっと日々...

栗の音 (2000年9月11日)

今年の夏は暑かった。猛暑だった。北海道育ちのわたしには、耐えがたいほど苦しい夏だった。弱り切っている身に追い打ちをかける...

キミのためにできること (2000年9月 4日)

昨日、今日とたて続けに失恋話を聞いた。どちらも年下の男友だちからである。 年下といっても、ひとりは36歳なので結構いい年...

Macとアメ車に育まれる寛大さ (2000年8月28日)

去年の夏、PowerMac8500が壊れた。とにかくよく凍結した。あるときフト画面が凍ったように固まったまま、止まってし...

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.