2013年01月14日

ソニーオープンが終わったワイアラエ・カントリークラブでラウンド

1月7日(月)から13日(日)まで行われていたソニーオープン・イン・ハワイ2013は、PGAのツアーデビュー戦で大会新記録の通算24アンダーをマークしたルーキー、ラッセル・ヘンリーの勝利で幕を閉じた。

ハワイに行くことが決まり、航空券の手配も進んでいたころ、KGから
「大会が終わった翌日にワイアラエ・カントリークラブでラウンドできます。日程はどうですか」
という電話が来た。予定では12日の朝の便で帰国になっていたが、ゴルフコースの事情に疎く、ぼんやりしたわたしでも、「ワイアラエでラウンドする、しかも大会が終わった翌日に」という誘いがどれほど価値のあることかは容易にわかった。迷う間もなく旅行会社に連絡し、延泊の手続きをした。

そういうわけで、大会が終了した翌日の14日(月)、最終日のピンセッティングのままのワイアラエ・カントリークラブをラウンドするという幸運に恵まれた。

20130114_01.jpg

1番のティーグラウンド。PGAのトーナメントの時にはINとOUTが逆になり、ここは10番ティーになる。カハラホテル&リゾートがすぐ横に建っている。全体的にフラットなコースで、前半の9ホールは海に隣接する箇所が多いため、海からの強い風が吹き付ける。

プロアマ大会や最終日の賑やかさからは想像できないほどの静けさ。まだそのままになっている観覧席やパネルを解体し、片付けを行っている作業員の人達とあちこちですれ違う。

ティーグラウンドに着いて驚いたのは、前の組に樋口久子さんがいらしたことだ。日本の女子ツアーのテレビ解説でよくお見かけするが、実物のほうがはるかに若々しく美しい。間近でティーショットを拝見できるのも、とても贅沢な感じがした。

そして次に驚いたのは、乗用カートではなく歩きのラウンドで、一人ひとりにキャディが付いたこと。わたしの担当になったダグさんは、幾分か年上の紳士で、ふだんは太平洋航空博物館パールハーバーでボランティアスタッフをしているそうだ。小柄な方だったので、ヘビーなわたしのツアーバッグを担いでいただくのが申し訳ない感じだった。

プレーが始まると、ダグさんはヤーデージマークからわたしのボールまできちんと歩測して、ピンまでの距離を正確に教えてくれた。ピン位置を確認し、風向きも読んだ。さて、とわたしがバッグを覗くと、それに合った番手のクラブが、他のクラブよりも前に出されている。やるなあ、ダグさん。

ボールの後ろで素振りをしていると、
「ちょっと待って、君はどこに打つつもりだい?」と聞いてくる。
「右に見える観覧席のほう、あそこを狙えばわたしの5Wは最後に少しドローするからコースなりに曲がって、ちょうどフェアウェイに落ちるはず」
「パーフェクトだ」
果たして打ったボールは勢いよく観覧席めがけて飛んでいき、ややドローしてフェアウェイの真ん中を転がっていく。ブラボー。まるでプロになった気分だ。

20130114_02.jpg

7番ホールは、海を背景に椰子の木が「W」になっているシグネチャーホール。Wはもちろん、「Waialae」の頭文字。

このあたりから空模様が怪しくなってきた。海を見ていたダグさんが
「嵐が来るよ」と言った。それも、すごいやつがね、と。

ちょうど9番を終えたところで雨が降り出し、10番に行く前に飲み物を買って休んでいたら、とうとう土砂降りになった。前の組の方々は後半はキャンセルだと言って、引き返して来た。わたしたちはカッパを着込み、10番ティーへ。太平洋にぽつんと浮かぶ島を襲う嵐の凄さと言ったらハンパなかった。まさにバケツをひっくり返したような雨に、叩きつける風。それでもティーショットを打ち、2打目を打った。傘を差しているものの、カッパを持参していないダグさんはずぶ濡れ、おまけに雨を含んでどんどん重さを増していくキャディバッグを担いでいる。

見ると、前を行っていた他の組の人達が次から次へと引き返してくる。

もはやここまで。それ以上すすむのはあきらめた。「ワイアラエはまたきっとチャンスがあります、無理しなくてもいいと思いますよ」と言うKG。しかしそんな彼はバッグとともにキャディさんを引き返させて、3本のクラブだけを手に持ち、雨の中を歩いて行った。

20130114_05.jpg

オフィシャル・プログラムの冊子から。これはトーナメント版で、通常はOUTとINはこの逆である。

20130114_06.jpg

グリーンの傾斜なども細かく載っていて、見ているだけでも楽しい。

20130114_03.jpg

思い出に持ち帰ったものの、雨に濡れてぐしょぐしょになったスコアカード。

20130114_04.jpg

残りの9ホールはいつ回ることができるだろうか。



-------------------------------------------
ワイアラエ・カントリークラブ Waialae Country Club
設立 1927年
コース設計 セス・レイナー
ヤーデージ 18H P72 /7020Y
ワイキキから車でおよそ20分、ザ・カハラホテル&リゾートで知られるハワイ屈指の高級住宅地、カハラ地区の中にある。ハワイへの贅沢な旅行計画の一部としてモアナホテル、ロイヤルハワイアンホテルの客のために1927年に造られた、プライベートコース。毎年1月、米ツアーの「ソニーオープン」が開催されることでも有名。


by ichiko : カテゴリー:ハワイゴルフ

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.