2013年01月07日

メンバーコースのホアカレイ・カントリー・クラブでハワイゴルフデビュー

1月7日(火)の夜に成田を発ったのに、ホノルル空港に到着したのは同日の7日、しかも朝。時差のある国に行くのはとても久しぶりなので、さてどうなることやらいささか不安。

朝の10時過ぎにホノルル空港で、先にハワイに来ているKG(注:「関西(Kansai)に住んでいるガニ股打法(Ganimata)を得意とする殿方の頭文字。以下、略してKGと呼ぶ」にピックアップしてもらう。「国際線の出口はひとつしかないから、すぐにわかります。ほら、お正月に芸能人が飛行機から降りて来たところをワイドショーの人が捕まえてるのがあるでしょ、アソコですよ、アソコ」。なるほど、テレビでよく見る光景はここだったのか。

車に乗り込んだとたんに、「何食べますか」と聞くKG。着いた早々、がっつり系は無理なので、「お腹にやさしそうなもの、魚とか」。その一言だけで、港の近くにあるローカルに人気の「Nico's at Pier 38」に連行される。

20130107_01.jpg


プレートランチではかなりの評判だそう。

20130107_02.jpg

20130107_03.jpg

KGおすすめの「フリカケ・アヒ」を注文。このままでも美味しいけれど、ジンジャーガーリックなんとかディップをつけてるとさらに美味しさアップ。港や椰子の木を眺めながら、とうとうハワイに来たんだなあというのを実感。

ティータイムは13時。予想外に時間が余ったので、「ビショップ博物館」に立ち寄ることに。ハワイ初のアロハシャツを手がけたアルフレッド・シャヒーン氏の展覧会「アルフレット・シャヒーンの世界」が現在開催されているそうで、アロハシャツが大好きなKGとしてはこの機会に見ておきたかったそうである。

20130107_04.jpg


ビショップ博物館は、ハワイやポリネシア全域の美術工芸品を収集、展示している。とても凝った見せ方をしているので、ふらっと立ち寄ったわたしたちでさえも興味深く見入ってしまったほど。プラネタリウムもあるので、時間のあるときにまた遊びに行ってみたい。

そして、いよいよハワイで初めてのゴルフに連れて行かれたのは、オアフ島の西部エバ地区に2009年1月にオープンしたばかりのホアカレイ・カントリー・クラブ(Hoakalei Country Club)。完全会員制のゴルフコースがハワイに造られるのは、30数年ぶりだそうである。ここでラウンドするのはなかなか難しいことであるらしく、KGの友人の方のご紹介で、今回はプレーできることになった。

プレハブのような小さなクラブハウスの前で車を停める。空港からそのままのトラベルバックからゴルフバッグを出し、カートに積んでもらう。クラブハウスでプレー料を払ったら、すぐにプレー。シンプル。なんてシンプルなのだろう。日本の、ジャケット着用でクラブハウスに入り、フロントで名前や住所を記入、ロッカーキーを受け取り、ロッカーに行って着替え、あれやこれや、というのと比べると 拍子抜けするほどシンプル。いいね、ゴルフはこうであって欲しい。

真冬の日本から今朝着いたばかりのわたしは、プレハブのトイレを借り、ショートパンツに履き替える。靴も履き替えたら準備完了だ。

20130107_05.jpg


ホアカレイ・カントリー・クラブは、アーニー・エルスの設計。調べてみると、アーニー・エルスは南アフリカを始め、いろんなところにコースを造っている。アジアでは中国のミッションヒルズ、マレーシアでは二箇所で建築中のようだ。

メンテナンスが行き届いていたフェアウェイはふわふわの緑の絨毯である。ドッグレッグや池が絡むホールは戦略的で面白みがある。チャンピオンティーは距離もあり、PGAのツアー開催コースに名前があがっているそうである。

20130107_06.jpg


池をとりこんだ景色がとにかく美しい。うっとりするほど美しいのだが、池ごとにボールを一個また一個となくすので、ハワイ初日にして持参したボールを全て使い果たすのではないかと心配したほどだ。

時差ボケと疲れで、前半の9ホールは悲惨なゴルフだった。後半に入ると暑さにも順応し、少しはまともなショットが出るようになった。芝も景色もなにもかもが素晴らしく、「ハワイのゴルフって最高だね!ハワイばんざいだね!」と叫んだら、「これがハワイだと思うと、後がつらくなるかも」とKG。どういう意味? 「このコースは特別ですから」。

願わくば、ハワイ初日ではなく、もう少し体を南国に順応させてからプレーしたかった。時差ボケと疲れと暑さにくらくらした中でラウンドするには、あまりにももったいないコースだった。

20130107_07.jpg

20130107_08.jpg

by ichiko : カテゴリー:ハワイゴルフ

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.