2012年10月07日

「風彈」~那覇初日の夜

日本オープンのプロアマ戦に出場するべく、沖縄へ。プロアマ戦は火曜日だけれど、せっかくだからすこし早めに日曜の夕方の便で那覇入り。空港の荷物待ちでは、大きなツアーゴルフバッグがいくつも流れていた。プロも続々と沖縄入りしているようだ。

ホテルに着いたころには日も暮れて、あたりは真っ暗。さっそく夕飯を求めて町に繰り出してみる。

20121007_1.jpg

ホテルから歩いて5分もしないうちに国際通りが見えてくる。暗くなってから知らない町に到着するのはなんだか心細いなあ、と思ったのは最初だけで、国際通りに足を踏み入れたとたんに気分が晴れやかになった。

泡盛の店などをのぞきながら、通りを歩く。しばらく行ったところで細い路地に入るとその店があった。

20121007_2.jpg

沖縄料理の店「風彈(ふうたん)」。
入り口の雰囲気とはちがって、中は気楽な居酒屋さんのよう。

20121007_3.jpg

カウンターの真ん中に座り、まずは泡盛をロックで。

20121007_4.jpg

カウンターの向こうにいるお兄さんに、炒め物のおすすめを聞くと、ゴーヤチャンプルー、という答え。それってあまりにも普通すぎませんか、と笑いながら返すと、普通だけど美味しいですよ、と言う。

たしかに美味しい。ゴーヤは好きなので、夏になると自分でもなんちゃってゴーヤチャンプルーを作るけれど、それとは全然ちがう。全体的に柔らかくて、丸い味わい。

20121007_5.jpg

これもお兄さんのおすすめで、島らっきょうの天ぷら。ほんのりと辛い島らっきょうが泡盛によく合う。

カウンターの一席あいた右となりには、同じく観光客と思われる若い男子がひとり。料理が来るたびに携帯で写してはどこかへアップしている。ツイッターかFBか、あるいは自分のブログか。似たようなことをやっている(笑)。

20121007_6.jpg

ラフテー。味噌のラフテーは甘めでこってりとした味わい。これも泡盛が進む。

初日はまあ、これぐらいにして。
本当はもっと料理の品数を注文したいのだけれど、どーんと量がたくさん出て来て食べきれなかったから申し訳ないな、とかいろいろ考えてしまって、なかなか注文できない。残してもいいから、もっといろいろ食べた方がいいのかしら。

けっこうな酔い加減で元来た道を戻る。国際通りの店を冷やかし、県庁前を通り過ぎる。南国の夜の生温かい風に吹かれてぽくぽくと歩いていたら、ホテルに着くころにはそこそこに酔いも冷めていた。

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.