2009年11月22日

ワインの会@アフガニスタン久我山

3連休のはじめ、M家のワインの会にお呼ばれする。
どっこにも行く予定はなかったので、いやっほーーーいなのであるが、
正直なところわくわくよりもどっきんどっきんのほうが強かった。

なぜなら、わたしはワインのことはよく知らず、いや無知もいいところであり、
かつ、味オンチなのである。
日本酒においてはとある小料理やのメニューのはしからはしまで飲み尽くし、
地元の酒蔵に一日奉公に行ってしまうほどに凝った時もあった。
焼酎全盛のころにはこれまたやはり、とある店のメニューをすべて飲み尽くした。
そのつぎはシングルモルトウイスキーへと進んで行った。
ようするにただの酒好きにほかならない。
にもかかわらず、ワインへの道には行こうとは思わない。行けない。
思うに、あの渋み、あの種類の多さ、あの値段、がわたしを引き留めているようである。

そんなわたしがワインの会などに行ってもいいものか、とためらいつつ、
これを機会に、舌の肥えた、うんちく好きの先輩みなさまに
いろいろと教えていただくために出かけてみたのだった。
などとぐちゃぐちゃ言ってはいるけれども、いつも噂に聞くばかりの
M家のおいしいごちそうがいちばんの目当てである。

091122_1.jpg

まずは白ワインから。
味を表現せよ、とおっしゃるので、雨の日の濡れたなめし革の...なんて言うはずもなく、
想像していたよりも重く、ぶどうの味がしっかりとしまーす、と素朴に答えてみるも、
おお、いいぞいいぞ、とお褒めの言葉をいただいた。
ま、初心者ですから、許してください。

091122_2.jpg

鯛のカルパッチョ。
ピンクペッパーがポイントでした。

091122_3.jpg

噂に高い、M家のご主人、Mの字さんが作った煮物。
何度か写真で見るばかりで、やっと出会えてシアワセ!
煮物を上手に作る男子ってかっこいいですよね。
ほかにも、フムス、カリフラワーのサラダなど、Mの字さんのお料理がいっぱいです。

091122_4.jpg

いよいよ、赤ワインの登場です。
じつは、赤では最初に飲んだこの一本が、いちばん味わいも深く、
びっくりするぐらいおいしかったので、あとに飲んだものはすべてふっとびました(笑)。

091122_5.jpg

ジャックラッセルのアポロン号。
わたしは犬嫌いで有名なのですが、アポちゃんだけはだいじょうぶなのでした。
とてもお利口な犬です。

091122_6.jpg

岩崎さんがミッドタウンで買ってきてくれた、ローストチキン。
1羽のつもりが、「ichikoさんがいるんだから1羽じゃとても足りないだろう」と言って
2羽、買ってきてくれたそう。
お気遣い、ありがたいこってす。

091122_7.jpg

舌が肥えている男子たちは、料理もお上手で、
ごろんとしたお肉を持参した慎の字さんは、さっそくお台所を借りて
ささっとこんなおいしそうなものを作ってくれます。
これ、ほんとにおいしくて、ばくばく食べてしまいました。

ちょっと遅れてやってきたおーさんも、到着するやいなや台所に入り、
さくさくっと砂肝の唐揚げを作ってくれたりとか。
でも、なぜだか、それは写真がなかったりだとか(笑)。

091122_8.jpg

ほかにも、途中でMの字さんが、こんなパスタを作ってくれたり。
数種類の実が入っていて、とても香ばしくて酒のつまみにはもってこいです。

わたしはちょっとでもお酒が入ると席を立つのが面倒になり、
お醤油を取りに行くのもイヤなほど。
なのにこの会の男子たちは、飲んでいる途中にも席を立って
肉を焼いてくれたりパスタを作ってくれたり、野菜が足りないな、といっては
ブロッコリーの炒め物をこさえてくれたり、
まあ、なんて器用でフットワークが軽いのでしょう。

これって、この年代、特有のカンジがしますがどうなんでしょう。
おいしい食べ物を見分ける舌を持っていて、
自分で料理もするという腕や楽しみも持っている。
いまどきの若い男子たちは、どうなんでしょうね。

091122_9.jpg

ワインがすすんでくると、ギターなんかも出てきます。
みなさん、バンドもやっている人たちですから、
そりゃもう、かっこよく、つまびいちゃうわけです。
でも残念ながら、わたしには知らない曲ばかり(笑)。
めずらしいことに、この日、わたしは最年少といううれしいポジションでしたから。

091122_10.jpg

おとなのワインの会、素晴らしい夜でした。
またやってくれないかなー。

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.