2008年12月25日

ことし最後のゴルフはM

きのうは夫とプロ様と3人でのラウンド。
クリスマスとはいってもとくにプレゼントを交換するでもなし、
イベントがあるわけでもなし、
ならばちょっとゴーカなゴルフなどを、と思い、
プロ様同伴のラウンドレッスンにしてみた。

お相手をしてくださったのは、
夏からスクールに増員された、上田啓晶プロ。
わたしがゴルフを始めたときからお世話になっている園元プロは
ほめてほめてのばすタイプ、いわば「飴」。
園元プロに教わっていると、わたしはスクールで一番上達の早い子、
覚えの良い子、ゴルフをするために生まれてきた子、
という錯覚に陥る。
幻想とわかっていても心地よい。

かたや上田プロはムチ。
さぞや甘やかされてきたんだろうが、
おまえのゴルフなんざあ、こんなもんだ、目を覚ませ、
一からやり直しだ、先は長いぞ、
と容赦なく目に見えぬムチを飛ばしてくる。
彼といると、スクールで一番、いや日本で一番、世界で一番、
だめなゴルファーになったような気がして
かなりヘコむ。
しかし。

ことし最後のゴルフになぜ彼を選んだかといえば、
だめな自分、を自覚したかったから。
この一年、ゴルフばっかりしてきたのに
ちっとも上達しなかった自分に喝を入れたかったから。
ののしられ、叩かれ、殴られて、
この一年を終わりたかったから。


081225_1.jpg

お昼はぴり辛中華・牛肉飯。
営業努力は認めたいけれど、いまひとつだった。
冬にビールはきついので、グラスワインを頼むと小瓶がやってきた。
侍従長がいっしょなのでアルコールは解禁だ。
ラウンド中に、半分ほど残したワインを瓶ごとぐびぐび飲む。
体が温まってなかなかよい。
夫とプロ様の目など、気にしてはならぬのよ。


081225_2.jpg

プロ様のクラブ。
ヴィンテージ風にわざと古ぼけたヘッドカバーなのかと思ったら、
ほんとに古いらしい(汗)。


081225_3.jpg

鶴ヶ島ゴルフクラブ、東コースの1番。
スプーンを手にしたプロ様は、いきなり右の林に打ち込んでOB。
本人はもちろん青ざめていたが、生徒だって青ざめる。
かなり気まずい。
どういうリアクションをすればいいのか、とまどう。
しかし3番ホールでもOB。
4番ホールでは運良くOBにならず、ラフ。
そのつぎも危うくOB。
思わず、「先生、勝負しましょうか」などと嫌味を言ってやった。
勝てそうな気がしたきのうのゴルフ。
でも、きっと勝負となるとプレーが変わるんだろうな、プロというのは。


080813_10.jpg

シャイな人なので、写真は撮らせてくれない。
が、そういえば、夏の那須の合宿のときにどさくさに紛れて撮影したものをみつけた。
ちょいとイケメンの、ジャニーズ崩れ的、というのがスクール生の中でのもっぱらの評判。

by ichiko : カテゴリー:さまよえるゴルフ

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.