2006年08月16日

神よわたしに

鋼鉄の胃袋をあたえたまへ!
と何度祈ったか知れぬ。

食うことが好きなくせに、わたしの胃腸はじつに軟弱である。すぐにくだる。しかも山ほどのアレルギーもある。ビオフェルミン、ワカモト、百草丸、正露丸は信頼のおける人生の友だ。

韓国に着いた日の夜、あこがれの明洞にてサンナクチを食した。切られてもなお皿に吸い付く活ダコは、ようやく皿からはがしてみれば、箸の先で天に向かってにょろにょろとあいさつをした。

店を出たとたんに腹に激痛が走った。紙くずが山となったゴミ入れ、床には踏んづけられたタバコの吸い殻、メガネ屋の薄汚いトイレで腹をかかえて涙ぐんだ。

異国の地で腹がくだるほどせつないものはない。

友人たちと別れ、タクシーをひろってひとりホテルに引き返す。腹がくだったときの安全地帯は、唯一ホテルの部屋しかない。このトイレはだれに遠慮することなく、わたしひとりだけのものなのだ。ひとしきり苦しんだあと、東大門へ繰り出した友人たちが戻り、トッポギだのなんだのかんだのを食べ、お買い得のレザージャケットをゲットしただのと聞くと、この腹がにくくてにくくてたまらなくなる。

ハワイ、サイパン、グァム、オーストラリア、ニュージーランド、ジャカルタ、バリ、韓国、台湾、あらゆる場所のトイレで悶絶した。(ヨーロッパがないのがちとさびしい)。

きょうもさりげなく腹の調子がわるい。昨晩のタイ料理のせいであることはわかっている。どんなに好きなものであれ、腹は素直に受け付けようとはしない。

神さま、我に鋼鉄の胃袋をあたえたまへ!

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.