2006年04月04日

神仏と春をよろこぶ

ぼっかりとできたすき間、きっと神さまからのごほうびにちがいないと思い、うららかな春の陽気に誘われて、神さまたちに会いに行くことにする。

きのうから二階に来ている仕事の人は、神社仏閣マニアであり、以前から竹寺と子の権現に行ってみたいと言っていたので、本日決行となる。

車一台がようやく通ることのできる細い林道は、杉の林を分け入るようにうねうねと続き、険しい上り坂をいくども越えた深い山の奥に、ひっそりと竹寺がある。標高490メートル、竹林に囲まれた天台宗の山寺は、山岳信仰の道場(霊場)として千年余の歴史を有するそうだ。

0404_1.jpg
本尊「牛頭天王」を祀り、本地仏に「薬師如来」を配し、神仏習合の姿を今に残す東日本唯一の珍しいお寺。寺でありながら、鳥居もある。


0404_2.jpg
さらさらという葉ずれの音とともに、竹林が揺れる。


0404_3.jpg
茅の輪。これをくぐって心身の清浄を願う。


0404_4.jpg
竹の鳥居。


0404_5.jpg
ある神社に通いつめていたところ、神主にならぬか、とヘッドハンティングされたという経験を持つ、神社仏閣に熱い想いを抱く人。
赤い鳥居をひとつ、またひとつとくぐりながら、なにを思っているのだろう。


0404_6.jpg
なにを書くべきか、戸惑う。わたしのねがいごとはなんなのだろう。

竹寺をあとにして、さらに山道を分け入り、どんどんのぼる。
標高640メートル、子の権現。


0404_7.jpg
樹齢800年の杉。そっと手をあててみる。


0404_8.jpg
天台宗 大鱗山雲洞院天龍寺(子の権現)。延喜11年(911)に創建。


0404_9.jpg
360度、視界に入るのは、どこぞの山、山、そして山。


0404_10.jpg
鉄(かね)の大草鞋。足腰の祈願。


数時間の旅だったのだけれど、別世界に行ったような気がした。永遠につづくかと思われるような杉の林道、深い山のなかにひっそりと佇む寺、風になびく竹林、はるかかなたの山々。高いところは神さまに近くなるのか、ただそこにいるだけで、こころやからだが洗われるようだ。

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.