2006年03月07日

さんずいに酔う

ある人が「海ほたる」に行った話を書き、
ある人は「沖縄の海はとてもきれいです」と書き、

だのにわたしがとっさに思ったのは、
酒ほたるかぁ、
沖縄の酒かぁ、いいなぁ、
なのだった。

どうやら、いまのわたしは、
海、を、酒、と読んでしまうらしい。

幻をひきよせる鍵は「さんずい」なのかと思ったが、
浅、はそのまま浅と読むし、
渦もまた渦である。

泊。
あっ、幻をみたような気もするが、
それは一瞬であった。

さんずい、そして「つくり」に□が混ざると
うまい酒の夢に近づくようである。
かといって、
沼や浴ではちっともうまくないし、
酒のまたいとこのふりをしている泗などは
興ざめである。

深い幻の世界にわが身をしずめるのは
湎だ。
そして、
双子の兄弟のような洒が
わが身をあらう。

「海ほたる」の日記にはコメントをつけたので、
だれかしらが追加の書き込みをすると
日記コメントの履歴をのぼってきては、
わたしを酔わせる。
酒ほたる。
うまい酒を飲みたいが飲めず、ぐっとこらえる禁欲の日々は、
せめてさんずいの漢字で酔うか、
などと思うのだった。

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.