2005年05月16日

噂ほどでも

夫と池袋に行く用事があったので、「帰りは絶対にラーメンだねっ」とはりきって出かける。

旨いかどうかの前に、よいラーメンをみきわめる方法として、しろうとなりにもわたしの最低基準というものがある。
いち:熱々であること。ラーメンを食べた日は、のちのちまでも口のなかの粘膜がぼやっとしており、舌もじんわりヤケドしているはずなのだ。
に:麺がアルデンテに茹でられていること。できれば最後まで麺の中心には核のようなものを感じたい。
この2点が満たされて、つぎに「味」がやってくる。

きょう食べたラーメンは、ぬるくて、ゆるかった。麺の茹で方はその店ごとにこだわりがあるのかもしれないので仕方ないけれど(でもわたしは素麺を食べに行ったんじゃないぞー)、ぬるいというのはどういうことなんだろう。猫舌のわたしがぬるいというのは、よほどぬるいことなのであるよ。


0516_1.jpg

「光麺」醤油光麺細麺(角煮と味玉を追加で)
動物系スープに魚介類を加えた、昨今はやりの組み合わせ、あっさりスープというだけあって油っぽさはなかったけれど、とにかくしょっぱい。しょっぱすぎて味がわからなかった。


0516_2.jpg

つけ麺(味玉を追加で・夫が食べたもの)
(稲庭うどんを食べに行ったんじゃないもん...)

醤油光麺細麺:680円
角煮:230円 味玉:120円 で、合計1030円。
ここはトッピングの「全部のせ」というのが売りみたいで、わたしは注文したあとにおおいに後悔した。炭火灸りチャーシュー、角煮、味付玉子、メンマ、揚げニンニク、焼き岩のり、炒めネギ、青菜の具が全部のった「醤油光麺細麺の全部のせ」は、960円なのだ。もちろん、単品で頼むよりはちょっとずつ量が少なかったりするわけだけれども、なんだかずいぶん損をした気分(笑)。よくよくメニューとにらめっこして考えなかった自分が悪いんだけれども。

by ichiko : カテゴリー:美味しい物・酒

made by XHTML, CSS, Movable Type.
© Go Go ichiko. All Rights Reserved.